読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付けられない人のための話。

今日親に部屋を掃除しろと怒られた。


やれと言われるほどに

あまりにやる気が起きなくなる。


あまりに幼稚な自分を情けなく思うけど、

どうせやったってまた散らかるだろうとか適当な理由をつけて掃除をしたがらない。



なんてことだ。


人間のもっとも厄介な病気。面倒くさい病。

全てがコレのせいで、台無しになる。


ても、どんなに整頓特集の番組を見ても、

一向に片付けられないのは、それが、

片付けられるクセがついた人だからだ。


ぴきゅいいーーーーーーーん。

頭の中に、この方法を打開するシンプル、いやシンプレストな方法を思いついた。


適当に放り投げてあるものが次の日まで似あったら捨てる。


うーん、なんとも完璧。

コレなら絶対に汚くならない。

なにより、絶対に捨てたくないやつは片付ける。


というか、どんな収納術よりこれが楽でいい。捨てたくなかったら、片付ける。片付けられなかったら捨てる。


但しこの効果は自分の中だけより、

人に公言した方がかなり効果的だ。

私も母親に公言したら、早速メガネを捨てられそうになった。危ない。


嗚呼、コレでこれから私も

片付けられる人間になる。


余談だが、コレはコミットメント契約という経済学の立派な知識らしい。なんたる後付け感。


ともかくコレでマイライフはこれから順風満帆である!